📞090-2135-9279(代表:町川)

©2019 by 飛騨一宮を満喫しましょう. Proudly created with Wix.com

飛騨一宮を
満喫
しましょう

飛騨の神々が集う里をご案内します

飛騨へようこそ!

私たちは高山市 一之宮町の「もと宮村青年団」と申します。

長年一之宮町に暮らす有志が集まり

地元民の視点からこの町の事を知っていただきたく

散策ガイドを行っています。

ガイド1名につき2000円をお願いしておりますが、

ご案内メニューはお好みに合わせてアレンジするなど

満足度の高い内容を心がけておりますので

こちらへお越しの際は気軽に声をおかけください。

​​📞0577-53-2424 

一之宮町町づくり協議会「もと宮村青年団」

SNY_4578.JPG
 

飛騨一宮って...?

​​岐阜県高山市にある旧「大野郡 宮村」です

標高は650mで高山市の南側、JR高山駅から一駅(無人駅)の距離に位置し

富山湾へ注ぐ神通川の源流を有する分水嶺の町です。

観光で有名な高山盆地とは一つ山を隔てた小盆地に

今もなお隠し里のようなたたずまいを残し

古代から飛騨の国の一宮「水無(みなし)神社」を守り

江戸時代最大級の百姓一揆である「大原騒動」で

1万人の農民が団結して戦った歴史を刻んだ地であるこの町は

飛騨人の心を育んだ風土を知る手掛かりになると自負しております。

 

​​モデルコース

​​以下のコース(2~3時間を想定)を基準に色々アレンジ可能です。

基本的に1団体様にガイドが1名同行します、その際ガイド1名につき¥2,000(ボランティア保険含む)を、

英語案内を希望される方は通訳のスタッフが同行して¥3,000を頂戴いたしますので

ご理解のほどをお願い致します。

 

​Aコース

​歴史、文化財を中心に

ご案内いたします「2019 春のおすすめコース」

「全行程徒歩にて2~3時間」

①大幢寺(臥竜の桜&大原騒動 義民の墓)→②JR飛騨一ノ宮駅舎→③飛騨一宮水無神社(参拝&パワースポット)→④お旅山→

⑤左山人の館(日本画の鑑賞)→⑥大幢寺まで「宮村」の風景。

特に5月2日は飛騨一宮水無神社の例祭

お旅山(お旅所)にて、どぶろくが振る舞われます。

令和元年のお祭りをご一緒に!

DSC00085.JPG

Bコース

​飛騨一宮が誇る自然や眺望の良い場所をご案内

こちらは範囲が広く徒歩では困難なため、

ガイドがお客様の自動車に同乗してご案内する様式となります。

①源流の谷(ツメタ谷)→②位山登山→③巨石めぐり→④道の駅モンデウス→⑤位山古道:石畳の道

Bコース写真.JPG

​おすすめポイント

​上記のモデルコースにオプションを付けられます。

宮村の大カーブ.png
DSC00221.JPG
大道寺正規.JPG

JR高山線 宮村の大カーブ

高山本線は昭和9(1934)年、本州の分水嶺を貫く出水事故続きの難工事であった宮トンネルの開通をもって全線開通となりました。宮トンネルの高山側は鉄道写真の名所とされてますが、トンネル開口部と宮盆地との標高差を埋めるために大量の盛土を施し描かれた大カーブであるという事を踏まえて望むと趣が違って見えるかと思います。
隣の国道41号のヘアピンで勾配の加減がお分かりいただけるでしょうか?

JR飛騨一ノ宮駅舎

高山本線開通した当時のまま現在も使用され、正面から見ると神社の屋根を模しているのが分かります。飛騨小坂の駅舎はログハウス風の洒落たデザインですが、屋根は飛騨一之宮駅と同様です。

​さらに宮トンネルは難工事だったにもかかわらず、犠牲者が一人も出なかったことに感謝して、トンネルの工事現場に奉ってあった祠を駅前に安置して今に至っています。

​古刹「曹洞宗大幢寺」

​宮川が伏流水となった「宮川のアジメドジョウと坐禅石」の言い伝えを持つ寺、地元の人々はアジメドジョウを食べない理由がここにあります。

1539年に、高山市雲龍寺(うんりゅうじ)の、その頃の和尚により開山されました。
 開山を支援した三木氏は天正13年の金森氏との戦で敗れ、当山も建物もふくめ全てが焼失してしまいました。金森長近公はその後、本尊観音様を以前の形を模して造らせ、それが現在のご本尊であると言われています。

義民の墓1.JPG
IMG_0533.JPG
DSC00087.JPG

​大原騒動 義民の墓①

「大原騒動」とは

江戸時代に飛騨国の代官(のちに郡代に昇進)であった大原紹正(つぎまさ)・正純父子のもとで、明和8年(1771)から天明8年(1788)までの18年間、断続的に続いた百姓一揆のことです。

​私欲に走った悪代官と、その悪政に苦しんだ義民との戦いでした。

臥竜の桜

臥竜の桜が代表的ですが
4月中旬から5月上旬にかけて一宮町一帯が桜の里になります。

​飛騨一宮水無神社

「みなしじんじゃ」と読みます。

飛騨国の一宮として、古来より飛騨人の心の拠り所として、今に残る様々な歴史遺産を語り継いでいます。初詣をはじめ、飛騨路に春を告げる「飛騨生きびな祭り」や闘鶏楽、岐阜県指定無形文化財「神代踊り」、獅子舞が奉納され、どぶろくがふるまわれる「例祭」など、多くの参拝者で賑わいます。

http://minashijinjya.or.jp/

生きびな改.jpg
baikamo .JPG
DSC00113.JPG

​生きびな祭り

​毎年4月3日に行われます。

生きびな祭は、戦後にはじめた祭礼で、一宮水無神社(みなしじんじゃ)を舞台に、高山市を始めとした1市3都から推薦された、19歳から25、26歳くらいまでの未婚女性9人が生きびな様として、女性の幸せと豊作を願い、神前奉仕と行列を行うもので、全国にも希なお祭りです。

梅花藻(バイカモ)自生地

梅花藻は冷たい湧水のある清流の砂地に生える水草で、花びらは5枚、直径1.5㎝くらいの小さな花を水面上に咲かせます。開花時期は、6月上旬から9月下旬です。

御旅山(おたびやま)のミツバツツジ

「コバノミツバツツジ」は高山市の花です。4月下旬から5月上旬くらいに見頃を迎えます。

DSC00217.JPG
DSC00233.JPG
ツメタいちい.JPG

​飛騨位山(くらいやま)文化交流館

縄文時代、大和文化の影響を受けずに独自の文化を刻んでいた飛騨の資料が展示してあります。

​左山人(ささんじん)

日本画の館

左山人(雅号)こと山腰昿氏は54歳の時、仕事中の事故で右腕を失いながらもその後は左腕のみで農作業をこなすかたわら、水墨画や日本画を人生の友とし、膨大な数の作品を残しました。

2017年 93歳で亡くなるまで飛騨の民俗に対する造詣の深さも相まって、地元の人々から敬愛されてきた方です。

この地への愛着の深い世界を彼が暮らした

住居でご堪能ください。

ツメタ谷のイチイの木

宮川の源流にあるツメタ谷。「ツメタ の大イチイ」は、その谷の真ん中あたりに立っています。標 高は1100m、方位は北東向きの斜面の中腹です。
地上から120cmの高さのところで、幹の周りは6.9 m、直径は2.2mある巨木です。高さは約25mも あります。この木は、推定樹齢約二千年とされ、国内でも大変大きく、とても古い大イチイです。 幹は一部が空洞となり、ヒメコマツやミズメなどの寄生もありますが、今も元気に葉を茂らせています。
市指定天然記念物であり、また林野庁が選ぶ「森の巨人た ち百選」として、観察する歩道や、大イチイのことを説明す る看板が整備されています。

源流写真.JPG
かんげんじ.JPG
Ⅱ位山道石畳.JPG

神通川源流の谷

分水嶺碑のある場所は、中部日本の分水嶺を成しており、一方は、宮川・神通川を経て日本海はへ、もう一方は飛騨川・木曽川を経て太平洋へ注ぎます。
また、分水嶺公園内には、苅安湿原が広がり、エゾリンドウ・モウセンゴケなどの湿原植物が自生しています。

古刹「真宗大谷派往還寺」

(おうげんじ)

一之宮集落の最奥に位置する往還寺には、山門前には推定樹齢130年のシダレ桜と推定樹齢100年の菩堤樹、本堂前の幹が空洞となったシダレ桜、庫裡前の推定樹齢150年の一位の樹、鐘楼横の推定樹齢200年の2本のイチョウ、本堂横の推定樹齢130年の3本のヒノキと多彩であります。特に、晩秋のイチョウの落葉が敷き詰める境内は壮観と言われています。

本堂・山門:市指定文化財  

阿弥陀如来坐像:県指定文化財

​位山(くらいやま)古道と


石畳

萩原町山之口から位山峠を超えて宮村へ出る位山街道のこと。位山道は、東山道飛騨支路として敷設されました。
今も所々に残っている石畳の街道は、都から飛騨へと文化をつたえ飛騨の文化をはぐくみ育てた道です。石畳は、平安時代頃のものと推定されて

います。

位山.jpg
map.jpg
DSC00212.JPG

名山 位山(くらいやま)

標高1592m、 飛騨北部と南部の境界であり宮川飛騨川分水界である位山分水嶺の山です。 飛騨一宮水無神社の神体山といわれ日本二百名山のひとつであり、山域は岐阜県の「位山舟山県立自然公園」に指定されています。

道の駅モンデウス飛騨位山

​モンデウス スノーパーク

4月~11月は位山登山、ラジコンやBBQを楽しめるアウトドアの拠点となる道の駅。12月~3月は高山市街から一番近いスキー場としてご利用いただけます。

http://www.montdeus.jp/

​新五郎の乳もらい地蔵

​​ただいま編集中です

宮傘5.jpg
003.jpg
臥竜温泉.jpg

特産品

​一位傘(宮傘:写真)、繭びな、お菓子の「こくせん」などが有名です。

お食事

​創作料理や蕎麦を楽しめる素敵な食事処があります。

宿泊・温泉

趣のある民宿、温泉がございます。

日帰り温泉なら「臥龍の郷」www.garyunosato.jp がおすすめです。

​さらに詳しい情報はコチラ⇓

 

お問合わせ

飛騨一之宮町、私たちの活動にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。

催行日の5日前までにご連絡いただき、打ち合わせを進める方法をとっております。

お手数ですが下記のメールアドレスまでご連絡ください。

①お名前 ②電話番号 ③ご希望の催行日時

④人数 ⑤ご希望のコース、オプション

​追って代表より電話連絡をいたします。

📞090-2135-9279(代表:町川)

 
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now